西京区|鈴虫寺へ行ってきた!|連日長蛇の列!嵐山へ来たからにはこの説教を聞かねば!

2016年3月21日に出かけてきました。

(基本データ)
住所:京都市西京区松室地家町31
TEL:075-381-3830
拝観時間:9時~16時半
年中無休
拝観料:大人 500円、子供 300円(4才~中学生)※煎茶と茶菓子付
駐車場:500円(拝観時間内のみ利用可)
鈴虫寺公式HP


「行列のできるお店」という言葉はよく耳にしますが、「行列のできるお寺」というのが嵐山にあるのを皆さんはご存知でしょうか?

百閒は一見にしかず。まずはこの画像をどうぞ。
朝9時半で、すでにこのような状況でした。
これがかの有名な鈴虫寺。正式名称は、妙徳山 華厳寺(みょうとくざん けごんじ)です。

京都観光フォトブログ42|鈴虫寺1

渡月橋にあるバス停「中の島公園」からは京都バス73号系統で乗車時間約10分。
「中の島公園」からは10分おきくらいにバスが出ています。

バス停で終点まで行くと、このような案内板がありますので矢印に沿って歩いていきます。

京都観光フォトブログ42|鈴虫寺2

階段をのぼったところにも行列が。

京都観光フォトブログ42|鈴虫寺3

志納料(拝観料)の500円を納めると、広間へと案内されます。
広間へは一度に200人くらい入ることができました。
テーブルには各自に煎茶と茶菓子が。温かい志です。

説法は30分程度。
お茶を飲みながら楽な姿勢で聞いてください、とのこと。

京都観光フォトブログ42|鈴虫寺4

このお寺で最初に驚くのは鈴虫の音色。
実はこの鈴虫、365日鳴いているのです。

説法の中身は詳しく話せませんが、笑いの連続でした。
そんな中にも心に残る印象的な話もいくつかありました。

説法が終わると、「幸福御守」を買うこともできます。300円でした。
この御守りの「幸」の字のところにお地蔵さんの顔があるらしく、「幸」の文字の部分だけが見える状態で、御守りを両手で挟んで幸福地蔵へ願い事をすると良い、とのことでした。

帰りはお庭を周遊するようになっているのですが、お庭もきれいに手入れされていて立派です。

京都観光フォトブログ42|鈴虫寺5

こちらが幸福地蔵さんです。
足元を見ると、わらじを履いていますね。

この幸福地蔵さん、願いを叶えるために、自分から参拝者の元へ足を運んでくださる、とのことで、わらじを履いているそうです。

なので、お願い事をする時には、「願い事」とともに「住所」と「氏名」も心の中でつぶやいてください、とのことでした。

京都観光フォトブログ42|鈴虫寺6京都観光フォトブログ42|鈴虫寺7

この鈴虫寺へは相当多くのリピーターがいるみたいです。
笑顔で心が軽くなるっていうのはいいですね~。



»トップページヘ戻る

投稿者: wel

【ウェル】 ブログを書くのが大好きです。 週末に自宅にこもっているのはストレス。 いつも楽しいことを探しています。