高雄の神護寺へ行ってきた!

2018年11月3日に出かけてきました。


(基本情報)
名称:神護寺(じんごじ)
住所:京都市右京区梅ケ畑高雄町5
TEL:075-861-1769
拝観時間:9時~16時
年中無休
拝観料金:中学生以上600円、小学生300円
駐車場:なし
所要時間の目安:60~90分
神護寺公式HP

アクセス


神護寺へのアクセスは?

今回は、高雄嵐山パークウェイの高雄大駐車場を利用しました。

高雄大駐車場は、パークウェイの「高雄口ゲート」を入った目の前にある駐車場です。

神護寺へ向かうには「レストハウスもみじ家」を目印にすると分かりやすいです。

レストハウスのすぐ隣に階段があるので、そこを下っていきます。

こちらがもみじ家。

ももじ家の隣に、川へと下っていく階段があります。コインロッカーもあります。

上記の階段を下ったところにあるのが「高雄橋」です。

「高雄橋」を渡ったところに、神護寺の表参道があります。

ここから階段を上っていきます。

それなりに階段はありますが、比較的緩やかな坂道です。

途中、「高雄茶屋」があります。

「高雄茶屋」の上には、「硯石亭」もあります。

麺類や丼ものは800円~900円といったところ。

11月の初めだと紅葉にはまだ少し早いようです。紅葉が見頃を迎えると、すばらしい休憩処になりそうです。

神護寺の紅葉のみどころは?

こちらが楼門。

こちらは境内マップ。

紅葉の最初のみどころは楼門です。11月初めでも、一部の木は色づいていました。

ただ、全体的には紅葉狩りにはまだ少し早かったです。見頃は2、3週間あとぐらいではないでしょうか。

こちらは明王堂。ここも紅葉シーズンには絵になりそうです。

明王堂横には鐘楼へと向かう階段があります。

明王堂近くには、こんな鬼瓦もありました。

大師堂では特別公開を行っていました。

大師堂の隣にあるのが毘沙門堂です。

こちが五大堂。

五大堂からかいだんを上ったところにあるのが金堂です。立派な建物です。

金堂の横からさらに上へと向かう階段がありました。

この奥に多宝塔がありますが、中には入れませんでした。

なお、後から気づいたのですが、金堂横から続く道の奥に「地蔵院」というところがあり、「かわらけ投げ」のスポットとして有名だそうです。

見落としてしまったのが残念でした。


投稿者: wel

【ウェル】 ブログを書くのが大好きです。 週末に自宅にこもっているのはストレス。 いつも楽しいことを探しています。