清水寺(東山区)ふれ愛観音、地主神社、音羽の滝など

2014年10月11日に出かけてきました。

(基本データ)
名称:清水寺(きよみずでら)
住所:京都府京都市東山区清水1丁目294
TEL(清水寺寺務所):075-551-1234
拝観時間:開門6:00~閉門17:30(季節により18:30)
年中無休 拝観料:大人400円、中学生以下200円
駐車料金:2時間で1000円~3000円程度
所要時間の目安:90~120分
アクセス

清水寺公式HP

仁王門から随求堂

京都観光の定番、清水寺(きよみずでら)。

バス停で言うと、清水道からが一番近いのですが、五条坂から清水寺へ向かう観光客が多いです。五条坂からの方が分かりやすいからかもしれません。

五条坂からひたすら真っ直ぐ進むと清水寺に突き当たります。
(下記画像は2016年2月撮影のもの)

京都訪問ブログ1|清水寺・音羽の滝フォト1

こちらは仁王門です。

1103

拝観料を払い、本堂の方へと進む途中、なにやら行列が。

随求堂(ずいぐどう)の「胎内めぐり」です。

京都訪問ブログ1|清水寺・音羽の滝フォト3

本尊大随求菩薩様(だいずいぐぼさつ)の胎内(お腹の中)をめぐれるとのことで、入ってみると闇の世界です。

全く何も見えない状態で手に神経をとがらせ、先へ先へと進みます。

そして真っ暗な世界の中で見る一筋の光。光のありがたさが体感できます。

三重塔から清水の舞台へ

三重塔も美しいです。

247

こちらは清水の舞台の手前におられる出世大黒天

京都訪問ブログ1|清水寺・音羽の滝フォト6

こちらは「ふれ愛観音」。

観音様に直接手を触れられるなんて、ありがたいことです。

京都訪問ブログ1|清水寺・音羽の滝フォト7

ご存知、清水の舞台

京都訪問ブログ1|清水寺・音羽の滝フォト8

清水の舞台からは、音羽の滝が見下ろせます。

長蛇の列になっていました。

京都訪問ブログ1|清水寺・音羽の滝フォト9

この清水の舞台を出てすぐ左に鳥居があります。

そこからが地主神社なのですが、詳細については別記事[地主神社リポート]で書いていますので、良ければご覧ください。

音羽の滝

こちらが音羽の滝(おとわのたき)です。

願い事が叶うパワースポットとして有名です。

水の飲み方ですが、柄杓(ひしゃく)に直接口をつけて飲まれる方はおられず、皆さん柄杓から手のひらに水をとり、一気にそれを飲み干すという感じでしておられました。

本堂(清水の舞台)に近い方から「学問(下記画像では一番左)」「恋愛(下記画像では中央)」「健康(下記画像では一番右)」にご利益があるとのことですが、諸説があり、実際のところよく分かりません。

ただ、一番人気は中央でした。

なお、3つすべての水を飲んでいる観光客もおられましたが、ただでさえ長蛇の列になっているので、そういう行動はひんしゅくをかうと思います。どれか一つを選びましょう。

欲深い人は願い事が叶わないとのことですので気をつけましょう。

11

清水寺観光のもう一つの大きな楽しみは、周辺散策!

清水坂、三年坂周辺は人出でおお賑わい!

清水寺付近には、舞妓体験や着物レンタルができるお店も数多くありました。

京都訪問ブログ1|清水寺・音羽の滝フォト12

京都訪問ブログ1|清水寺・音羽の滝フォト13

仁王門前にある清水坂はお土産屋が集中しており、すごい人並みです。

京都訪問ブログ1|清水寺・音羽の滝フォト16

外国人観光客も多く、英語や中国語などで看板を出しているお店もたくさんありました。

京都訪問ブログ1|清水寺・音羽の滝フォト20

さすがの人気、京つけもの。

京都訪問ブログ1|清水寺・音羽の滝フォト21

このあたりのお店は試食できるところが多いです。

試食できるものの種類も数え切れないくらい。何も買わなくてもお腹いっぱいに(笑)。

京都訪問ブログ1|清水寺・音羽の滝フォト22

次から次へと気になるお店が。まるで京ブランドの見本市です。

京都訪問ブログ1|清水寺・音羽の滝フォト23

一歩路地に入れば、人も少なくほっこり休める場所も。

京都訪問ブログ1|清水寺・音羽の滝フォト26

ベンチに座って小休憩できるところがあるのはありがたいですね。

清水道と交差する形で三年坂(産寧坂)が続いています。

京都訪問ブログ1|清水寺・音羽の滝フォト27

三年坂の先に二年坂もあります。

京都訪問ブログ1|清水寺・音羽の滝フォト28

清水道同様、すごい人出です。

京都訪問ブログ1|清水寺・音羽の滝フォト29

この辺り、おしゃれな御食事処も多いです。洗練された雰囲気ですね。

30

清水寺観光は拝観だけではなく、いろいろな楽しみ方がありますね。
京都らしさも満喫できて、何度も訪れたくなる場所です。


»トップページヘ戻る