下京区|京都水族館へ行ってきた!|イルカショーで盛り上がろう!

2016年1月2日に出かけてきました。

(基本データ)
住所:京都府京都市 下京区観喜寺町35-1
TEL:075-354-3130
営業時間:10時~18時(季節によって変更)
年中無休(臨時休業あり)
料金:大人2,050円、大学・高校生1,550円、中・小学生1,000円、幼児(3歳以上)600円
駐車場:近隣パーキングは2時間1,200円程度
京都水族館公式HP


京都水族館は京都駅に近いところにあるので、徒歩でも行くことができます(約15分)。
七条通りに沿って行くこともできるのですが、今回はJRに沿って向かいます。
一番手前の線路を電車が走り抜けていった時には、かなりの迫力でした。
なんせわずか数メートル先を電車が走っていくのですから。

京都観光ブログ30|京都水族館1

線路に沿ってしばらく歩くと、梅小路公園へ出ます。
この梅小路公園はだだっ広い広場のようなところが大半を占めるのですが、ところどころにこういった遊具もあります。

京都観光ブログ30|京都水族館2

こちらが京都水族館です!

京都観光ブログ30|京都水族館3

おしゃれなエントランスです。

京都観光ブログ30|京都水族館4

イルカショーが始まるとのことで最初にイルカスタジアムへ向かいました。
すごい人です。最初に席の4列目くらいから埋まっていきます。前の3列くらいはイルカがはねた時の水しぶきで濡れることがあるからです。前列の方は多少濡れることを覚悟してくださいね。

京都観光ブログ30|京都水族館5

合図に合わせ、イルカの軽快なジャンプが見られます。
イルカによって性格も声も違うのが面白いです。

京都観光ブログ30|京都水族館6

すごいジャンプ力です!
ジャンプは一瞬なので写真撮影の際はシャッタースピード優先。
ちなみにこれは640分の1秒です。

京都観光ブログ30|京都水族館7

ショーの途中でかわいいペンギンさんもお目見えしました。
ヨチヨチ歩くさまがとってもかわいいです。

京都観光ブログ30|京都水族館8

では水族館内を見て回りましょう。
こちらはオオサンショウウオ。ドテッとしていて動きません。

京都観光ブログ30|京都水族館8

いろいろな魚を間近で見られるのはいいですね。

京都観光ブログ30|京都水族館9

自然に近い環境での様子が見られるのも興味深いです。

京都観光ブログ30|京都水族館10

こちらはオットセイのエリア。
結構あちこちで叫んでいます。

京都観光ブログ30|京都水族館11

水槽の内側から見られるコーナーもあります。

京都観光ブログ30|京都水族館12

京都観光ブログ30|京都水族館13

なんとも幻想的な光景の水槽。エイがゆうゆうと泳いでいます。

京都観光ブログ30|京都水族館14

そこにスキューバダイビングの飼育員さんが。
お掃除ご苦労様です。

京都観光ブログ30|京都水族館15

こちらは先ほどのイルカショーでも登場していたケープペンギンのエリア。

京都観光ブログ30|京都水族館16

窓越しにすぐ近くで見ることができます。

京都観光ブログ30|京都水族館17

なんか眠そう?

京都観光ブログ30|京都水族館18

幻想的な熱帯魚の水槽。

京都観光ブログ30|京都水族館19

もぞもぞと動くサンゴ。

京都観光ブログ30|京都水族館20

「がんがぜ」です。棘が長いですね。

京都観光ブログ30|京都水族館21

クラゲの水槽。
幻想的で美しいです。

京都観光ブログ30|京都水族館22

この日は、クラゲの映像を作り出して楽しむコーナーもありました。

京都観光ブログ30|京都水族館23

ウツボです。

京都観光ブログ30|京都水族館24

生きた化石、オウムガイです。

京都観光ブログ30|京都水族館25

館内には軽食コーナーもあります。
メニューはこんな感じです。

京都観光ブログ30|京都水族館26

トイレも使いやすくなっています。

京都観光ブログ30|京都水族館27

出口のところには大きな売店もありました。
お土産はここでどうぞ~。

京都観光ブログ30|京都水族館28

ちなみに当日に限り再入場も可能なので近くでランチをすることにしました。

こちらは京都水族館から100メートルほどのところにある、
京都産有機、無農薬、減農薬野菜のバイキング食堂 都野菜 賀茂
ランチバイキングは880円(小学生500円)でした。

個人的にはパリパリとした歯ごたえで甘い生野菜(ニンジンや大根など)がおいしかったです。
あと、ハヤシカレーなどもおいしかったです。

京都観光ブログ30|京都水族館29

カウンター席もあり、一人でも立ち寄れるお店の雰囲気でした。

京都観光ブログ30|京都水族館30

水族館とその周辺で一日ゆっくり楽しめ、有意義な一日となりました。



»トップページヘ戻る

投稿者: wel

【ウェル】 ブログを書くのが大好きです。 週末に自宅にこもっているのはストレス。 いつも楽しいことを探しています。