北区|金閣寺へ行ってきた!|豪華絢爛!黄金の舎利殿をあらゆる角度から堪能しよう!

2015年9月12日に出かけてきました。

金閣寺公式HP

(基本データ)
名称:金閣寺(きんかくじ)
住所:京都市北区金閣寺町1
TEL 075-461-0013
拝観時間:9時~17時
年中無休

拝観料:大人400円、小中学生300円
駐車場:2時間600円程度
滞在時間の目安:60~90分

アクセス

臨済宗相国寺派のページ

広い境内には見どころがいっぱい!

まずはアクセス。
バス停金閣寺前を降りれば、金閣寺までは100メートルほど。
金閣寺のすぐ前には広い駐車場もあります。

京都訪問ブログ4|金閣寺1

金閣寺の正式名称は鹿苑寺(ろくおんじ)。
年中、大勢の観光客が詰めかけています。

京都訪問ブログ4|金閣寺2

1994年登録の世界遺産です。

京都訪問ブログ4|金閣寺3

金閣寺の境内はかなりの広さです。

京都訪問ブログ4|金閣寺4

総門をくぐると、歴史の重みを感じさせる巨木がお目見え。
苔むしている感じもいいですね。

京都訪問ブログ4|金閣寺5

まずは総門をくぐってすぐ左手にある鐘楼へ。
「その音色を人々の心に響かせてこの世を清らか極楽浄土を造り出そう」と、足利義満が心を傾けたそうです。

一撞き200円ですが、鐘の正しい着き方を教えていただけ、また金閣寺のポストカードも記念にいただけました。

京都訪問ブログ4|金閣寺6
京都訪問ブログ4|金閣寺7

鐘楼から見た風景もなかなかです。
不思議と森の中にいるような錯覚にとらわれます。

京都訪問ブログ4|金閣寺8

左手にあるのが総門です。
すでに門をくぐっているので門の裏側になりますが。

京都訪問ブログ4|金閣寺9

巨木のイチイガシ。

京都訪問ブログ4|金閣寺10

江戸時代初期に植栽、もしくはすでに成木になっていたと思われるそうです。

まばゆく輝く舎利殿は堂々の風格

拝観料(大人400円)を払って先へ進むと、いきなり金の舎利殿出現。
金閣寺の撮影スポットとしてはここが一番だと思うので、かなり混んでいますが、順番を待って記念撮影しましょう。

京都訪問ブログ4|金閣寺11

京都訪問ブログ4|金閣寺12

まばゆいです。とにかく、まばゆいです。

京都訪問ブログ4|金閣寺13

少し先へ進み、 方丈(ほうじょう)の前辺りから眺める金閣寺も素晴らしいです。

京都訪問ブログ4|金閣寺14
京都訪問ブログ4|金閣寺15

こちらは陸舟の松(りくしゅうのまつ)。樹齢約600年。
帆掛け舟の形に仕立てられた盆栽です。 外側からの撮影なので、うまく撮れていませんが。

京都訪問ブログ4|金閣寺16

さらに先へ進むと、金閣を真横から撮影できます。
側面からでもやはりすごい存在感です。

京都訪問ブログ4|金閣寺17

佛舎利(ぶっしゃり)、すなわち釈迦の遺骨がまつられているそうです。

京都訪問ブログ4|金閣寺18

中が気になるところですが、残念ながら外観しか拝めません。

金閣寺の庭、池、散策路も素晴らしい

金閣ばかりに目をとられますが、池も見事です。
浮島みたいに見えますね。

京都訪問ブログ4|金閣寺19

こちらは、龍門の瀧(りゅうもんのたき)。
小さな滝ですが、なぜか迫力があります。

京都訪問ブログ4|金閣寺20
京都訪問ブログ4|金閣寺21

ここからは、ほんのちょっと階段が続きます。

京都訪問ブログ4|金閣寺22

こちらは安民沢(あんみんたく)にある白蛇の塚。
白蛇は弁才天の使いだそうです。

京都訪問ブログ4|金閣寺23

ここからも松の木越しに舎利殿が望めました。

京都訪問ブログ4|金閣寺24

心落ち着く茶席・夕佳亭

こちらは茶席である夕佳亭(せっかてい)。
この感じ、個人的にとっても好きです。

京都訪問ブログ4|金閣寺25
京都訪問ブログ4|金閣寺26

こちらは不動堂(ふどうどう)。
金閣寺の境内に現存する最も古い建物だそうです。

京都訪問ブログ4|金閣寺27

金閣寺いかがでしたか?
まだ行ったことがないという人がいれば(それほどないと思いますが)、ぜひぜひ足を運んでみてください。

上京区・北区の人気記事ランキング(デイリー)


»京都市・ランキングヘ戻る


»トップページヘ戻る


投稿者: wel

【ウェル】 ブログを書くのが大好きです。 週末に自宅にこもっているのはストレス。 いつも楽しいことを探しています。