堀川中立売から戻橋公園にかけての川遊びエリア

2018年7月27日に出かけてきました。

(基本情報)
24時間開放
駐車場:なし
アクセス


川遊びエリアへのアクセスは?

今回紹介する川遊びエリアへは、「堀川中立売」を起点にするのが最も分かりやすいです。

バス停「堀川中立売」の横には小川が流れています。

こちらは堀川中立売の交差点にある橋から眺めた光景。街の真ん中にこのようなオアシスがあるのに驚きです。

幼児の水遊び場に絶好のスポット

この辺りは、「堀川水辺環境整備事業Dゾーン」と呼ばれ、きれいに整備されています。

紫明通公園や堀川せせらぎ公園が中央分離帯にあるのに対し、このエリアは堀川通りから少し離れ、落ち着いた雰囲気のエリアです。

さぞ水が汚れているかと思いきや、この美しさ。水源が疎水であるだけに、抜群の透明度と水質を保っているのです。

水深は数センチ程度なので、幼児の水遊び場としても最適です。

戻橋公園では様々な遊具で遊べる!

「堀川水辺環境整備事業Dゾーン」の先、一条通りにかかっているのが「一条戻橋」です。

一条通りから先には、戻橋が広がっています。

戻橋公園の横の小川は水深が深め

戻橋の横の水路は狭くなっています。

そのため、上記で紹介した小川と異なり、こちらのエリアでは水深が深め。

30~50センチくらいの水深はあるので、小学生低学年くらいの子どもでも水遊びができます。

こちらの水もきれいです。

戻橋公園の先あたりの小川は一転し、緑で覆われています。

こういう環境であるからこそ、街の真ん中でも水質が保たれているのかもしれません。


投稿者: wel

【ウェル】 ブログを書くのが大好きです。 週末に自宅にこもっているのはストレス。 いつも楽しいことを探しています。